オーラルケア

医者のセカンドオピニオンは大事かもしれないっていう話

まいども!かにおるだよ!

今回は医師のセカンドオピニオンは大事かもしれないっていう話。

ワイは歯の治療で家の近所の歯科に通ってた。

今まで歯科に通ったことがないから、その歯科医師の言うことが正しいと思っていた。

ワイとしては医師=信頼に値する人、っていう先入観があるから、医師の先生の言うことを聞いていれば良くなるって思い込んでいたこともあるんだけど。

何度か治療を受けていくうちに、少しずつギモンを持つようになっていったのね。

あれ?この医者のことを信頼しても良いのだろうか?

例えば、その医師は治療する際に「こういう歯の状態で、こういう原因があるから、だからこういう治療をします」そういった説明を省く傾向があった。

患者の個性を見ているのかどうか怪しかった。患部は診ているかもしれないけど、患者のことは見ていない気がした。

また治療の施術中も、ワイの歯の治療とは関係のない話を看護師や歯科衛生士とすることが多かった。

治療しているワイのことを気づかうのではなくて、まったく別件について会話している。そこで不安をおぼえたのだった。

決定的だったのは治療された患部が痛み始めたこと

後日に患部が痛み出し、あきらかに治療のミス・施術のミスだと感じたので、今後はその歯科には二度と行かないという決断をした。

それ以外にも、気になる点はいくつかあった。

治療に関して不満を述べている他の患者の姿を目にしたこともあってこれは、これは医師のクオリティーが信頼できないと感じたわけ。

その後、別の歯科医師に患部を診せることにした。

今度は歯科の選択に失敗しないように、ホームページで事細かく情報開示している歯科を選んだ。

待合室の内装が患者の不安を緩和するデザイン

待合室の内装などに凝って患者の不安な心理に配慮しているような歯科で、かつ複数人の先生が勤務しているような、少し大きめの規模の歯科を選んだ。

というのも、一人の医師の判断が必ずしも正しいとは限らないと感じたから。

そんなときは相談できる医師が複数人いたほうが信頼に足るのではないかという仮定。

それと内装に関しても患者のストレスを軽減するような、落ち着きを感じられるホテルのようなデザインでリッチな家具の配置をしている、という部分でも信頼できそうだと感じた。

待合室の内装に凝っていない、いわゆる殺伐とした病院!って感じの雰囲気では患者は緊張してしまう。

実際に新しい歯科医師に患部を診せたところ、医師の先生の説明やワイへの配慮がとても丁寧で、患部の状態・原因・治療の方法・治療にかかる期間などをこと細かく説明ししてくれた

治療も実に丁寧で優しく、痛くないように常に気づかってくれたし、麻酔の効き具合も気にしてくれた。

患部の不調の原因を解明してもらって、適切な施術をしてもらえたと感謝している。

医者に不安を感じたらすぐにセカンドオピニオン

医者のクオリティーに関して不安に感じたら、すぐにセカンドオピニオンを受診すべきだってこと。

必ずしも一人の医師の判断が正しいとは限らない。その医師の先入観が反映されるから、本当に客観的な判断がくだされているのかはギモンが残る。

また治療の技術にしても経験してみてわかったが、医師に技術に上手・下手というのがある。

身を持って体験したからわかるが、雑な人は雑だし、下手な人は下手。

そもそも日常的に自分の技術がどの程度のレベルなのか、比較することができなければ分からないだろう。

独りよがりに医師自信は上手いと思っていて、いざ比較したら全然だった、ということもありうるだろう。

今回の経験で、医師の判断は正しいのかどうか、少しでもギモンがあれば別の医師に聞いてみるべきという教訓を得た。

そこでの回答で、その医師が信頼できるかどうかジャッジする。

また何気ない動作や会話で医師の性格を、患者側として患者目線で観察する。

きちんと患者のことを気遣ってくれるかどうか。

患部にばかり集中して患者の感情はスルーする傾向がある医師は問題外。

施術時に技術の粗さを感じたらそれは、医師の雑な性格に由来しているかもしれないから
別の医者にみせて、その技術レベルの比較をして、信頼できる方に治療を依頼する。

大事なのは自分のカラダなので自分の感情にウソをつかず、正しいと思う選択をした方が良いという教訓を得たという話でした。

ABOUT ME
アバター
かにおる
電脳おえかきマン。現実ではゲーム関係のお仕事。バンバン書きまっせ!バンバン売りまっせ!ネットの世界で成り上がれ!